3月の優々

2010.02.28(01:32)

小川(おがわ)さん、坂口(さかぐち)さんと一緒(いっしょ)にブラジルの豆料理(まめりょうり)を作(つく)りました。ご飯(はん)にかけていただくと、口(くち)の中(なか)に豆(まめ)の香(かおり)が広(ひろ)がって
ブラジルの大地(だいち)の温(あたた)かさを感(かん)じました!
雪(ゆき)まじりの 寒(さむ)い日が 続(つづ)いたあとに、やっと春(はる)らしい
暖(あたた)かさが もどってきました。

3月の優々№2食卓を囲んで 3月の優々(料理の材料)

日時(にちじ): 3月10日(水)   第(だい)2水曜日(すいようび)
集合(しゅうごう)時間(じかん):  11時(じ)
会費(かいひ):           200円      



スポンサーサイト

未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2月の優々クラブ

2010.02.01(21:31)

2月17日(水)

この日(ひ)、川越散策(かわごえさんさく)に 皆(みんな)で 行(い)きました。

川越駅(かわごええき)から 小江戸巡回バス(こえどじゅんかいばす)に 乗(の)り、
中院(なかいん)、喜多院(きたいん)に 向(む)かいました。
喜多院(きたいん)では 書院(しょいん)、客殿(きゃくでん)を 見学(けんがつ)し、
五百羅漢(ごひゃくらかん)を 見(み)て 回(まわ)りました。

その後(ご) またバス(ばす)に 乗(の)って 時の鐘(ときのかね)、蔵の街(くらのまち)、
菓子屋横丁(かしやよこちょう)の辺(あた)りに 行(い)きました。
蔵の街(くらのまち)では 日本的(にほんてき)な 小物(こもの)を 扱(あつか)っているお店(みせ)や
豆(まめ)の 専門店(せんもんてん)、お漬け物(つけもの)の お店(みせ)が ありました。

また、菓子屋横丁(かしやよこちょう)では 昔懐(むかしなつ)かしい駄菓子(だがし)を
扱(あつか)っているお店(みせ)が 並(なら)んでいて、
子供(こども)に 戻(もど)ったような 気分(きぶん)を 味(あじ)わいました。

皆(みんな)で おしゃべりをしながら、小江戸(こえど)の 雰囲気(ふんいき)を 楽(たの)しんだ1日(いちにち)
でした。

まだまだ 寒(さむ)い日(ひ)が 続(つづ)いていますが、
お元気(げんき)で お過(す)ごし でしょうか。







未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2010年02月

  1. 3月の優々(02/28)
  2. 2月の優々クラブ(02/01)